学校での読み聞かせ、どんな本を選ぶ? ~小学2年生~

子ども

我が家の子ども達、現在小学2年生。年度初めに「読み聞かせボランティア募集」の案内があったので、「やります!」と申し出てみました。

昨年はちょっとチャレンジで、英語の本も読んでみたのですが・・・今年はどんなものを読んでみようかな?と早めのうちから色々と考えていました。

2クラス分、計3回の読み聞かせで読んだを紹介します。



★ぼちぼちいこか

ぼちぼちいこか

新品価格
¥1,296から
(2018/3/9 23:13時点)


体の大きなカバくんがいろいろな職業にチャレンジします。消防士になってハシゴを上がれば重さでハシゴが壊れて転落船乗りになると船が沈没・・・さらには、パイロットやバレリーナ、サーカスなどにもチャレンジしますが、ことごとく失敗してしまいます。やることが全て裏目に出てしまうカバくんは「どないしたら、ええのんやろ」と悩みますが、少し休憩をして気づきます。「ぼちぼちいこか」

カバくんの挑戦失敗の繰り返しを、関西弁で進めてくれるお話です。私自身、大阪出身なので関西弁で読み進めました。普段、聞きなれないイントネーションに子ども達は「ん?」となることもありましたが、楽しんでくれました。ページをめくるに「次は何の仕事だと思う?」とか、「どうなると思う?」とをかけながら読み進めると、集中力が高まります。

 

★みどりいろのたね

みどりいろのたね (福音館創作童話シリーズ)

新品価格
¥1,296から
(2018/3/9 23:22時点)


クラスのみんなと一緒に畑にをまくことになった、まぁちゃん。ですが、うっかり口に入れていたメロン飴を種と一緒に埋めてしまいました。水やりもされず放ったらかしのまぁちゃんの畑の土の中では、メロン飴ケンカを始めてしまいます。喉が渇いた種たちはケンカの勢いで、メロン飴をペロリ・・・まぁちゃんの畑で収穫されたはなぜか、ピカピカで甘いものになっていました。

2学期に子ども達が学校で「冬野菜」を育てていたので、何かを育てる話がいいなぁと思い、選んだ1冊です。畑を放置しているまぁちゃんが出てきた時には「みんなはちゃんと水やりしてる?」などと声かけをしました。2年生ともなると話の合間に多少の脱線があっても、すぐに元の話に戻ることができます。

表紙裏に種のイラストがたくさん描かれているのですが、その中にまざっているメロン飴に気づいて教えてくれる子がいました。絵本を読み終わって、「おしまい」と本を何気に閉じようとした瞬間でしたので、その観察力にビックリです。

 

★コんガらガっち どっちにすすむ?の本

コんガらガっち どっちにすすむ?の本 (創作絵本シリーズ)

新品価格
¥1,296から
(2018/3/9 23:30時点)


いるかもぐらがこんがらがって誕生した「いぐら」が主人公のお話です。お友達の家に行こうとしたいぐらは、途中でお土産を持っていこうとしますが、そこには分かれ道が。読む人が自分の進みたいを選びながらお話を進めていく絵本です。

1冊の中に3つのお話が入っています。1つめがお友達のに行く話、2つめは自分の好きなを作る話、3つめは帰宅途中に迷子になる話です。ストーリーはすべてひらがなで書かれていますが、読み聞かせでは自分が選んだ道を覚えておく必要があるので、ある程度の集中力が必要です。分かれ道で自分の行先を選ばせたら、ページをめくって「上の道を選んだ人~?」などと聞きながら読み進めました。友達がどの道を選んだのかを楽しみながら、自分がどのような結末になったのかを楽しむことができます。

年度最後の読み聞かせということで、みんなで楽しめる1冊を選んでみました。3つめの話では、道がページをまたいで行ったり来たりします。本はから後ろに進むもの、という考えがあるのか、みんなはページを戻ると「戻ってるよ!」と声を出していました。「ピタゴラスイッチ」でおなじみのユーフラテスさんのイラストが、ほのぼのとしているのもおすすめポイントの1つです。

 

★まとめ

 

小学2年生教室にて子ども達の前で実際に読んだを、子ども達の反応とともに紹介しました。

 

  • ぼちぼちいこか
  • みどりいろのたね
  • コんガらガっち どっちにすすむ?の本

 

読み聞かせの本を選ぶ際には、色々と考えてしまって「簡単すぎるかなぁ?」「コレは難しいかなぁ?」と悩むのですが、実際に読み始めると意外な反応があったりしてこちらも新鮮に感じることができます。

読み終わった後に感想を聞かせてくれるのですが、その発表の仕方や話し方で子ども達の成長を感じることができます。

本選びの際は子ども達の年齢にとらわれることなく、大人が「楽しんでくれるといいな」と思える本を読んであげれば、それでいいのかなと思っています。あるいは、学校で取り組んでいることと同じテーマで選んでみると興味を持ってもらいやすいと思います。国語の教科書で習っているお話と同じ作者の別の作品や、花・野菜などを育てる話などは子ども達も親しみやすいようです。

もし、機会がありましたら学校の子ども達に読み聞かせをしてあげてください。

昨年、1年生の子ども達向けに読んだについては、こちらの記事をご覧ください。
【参考記事】学校の読み聞かせってどんな本を読めばいいの? ~小1編~

読み聞かせをする際のポイントなども、紹介しています。

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

子ども
子どもが文字に興味を持った!そのきっかけと買い与えたい本

子どもには早くから文字の読み方ぐらいは理解してもらいたい・・・と親が願ったところで、子ども自身に覚え …

ちょっと変わった大人の塗り絵本・・・出てくる絵は何?

このブログを始めた時、一番初めに書いた記事が「大人のぬりえ」に関するものでした。 【参考記事】初心者 …

子ども
子どもが夢中になるおすすめの本はコレ!クリスマスにも最適

夏休みに近所の図書館を訪れたのをきっかけに、2週間に1度、図書館に行くようになりました。(1度借りる …