鉄欠乏性貧血の症状はどんなもの?治療って必要なの?

生活

以前、血液検査「貧血」と診断されたこと、対策としてサプリメントを始めたことをお伝えました。
【参考記事】鉄欠乏性貧血による立ちくらみ改善のためにサプリ始めました

その後、子どもと受けたインフルエンザの予防接種の問診時に「そういえば“貧血”という血液検査の結果が・・・」とかかりつけ医に言ったところ、「検査結果を持ってきて」と言われました。ちょうど職場に提出していた検査結果のコピーが返ってきたタイミングだったので、それを持っていったら「すぐに診察要」と言われてしまいました。

普段は予約がいっぱいで、インターネットでの予約もすぐに埋まってしまうクリニックなのですが、「こちらから空いた時間に電話します」と言われての緊急の診察でした。

内心「そんなに急ぐものなの?」って感じだったのですが、数値的にヤバい状態だったみたいです。そこで、「鉄欠乏性貧血」悪化するとどうなるのか、調べてみました。



★鉄欠乏性貧血で現れる症状とは?

 

血液の中にある赤血球には「ヘモグロビン」という全身に酸素を運ぶ役割を持った成分があります。鉄欠乏性貧血は、この血液中のヘモグロビンの数で判定するのが一般的です。基準値としては、いろいろな説があるようですが、私が受けた血液検査の結果の一覧では11.3~15.2g/dlとなっています。

最低値とされている11.3g/dlを下回ると鉄欠乏性貧血と診断されます。
(ちなみに私の値は8.9g/dlでした。汗)

鉄欠乏性貧血は症状がゆっくりと悪化したり、長期間にわたって貧血であったりすることで体が慣れてしまい、なかなか自覚できないことがあります。ですが、鉄欠乏性貧血で現れる症状としては以下のように多数あります。

 

  • めまい
  • 動悸
  • 息切れ
  • 疲れやすい
  • 倦怠感
  • 頭痛
  • 顔色が悪くなる
  • 胸痛

 

さらに症状が悪化すると、以下のような症状が出るようになります。

 

  • 2枚爪(爪が割れやすくなる)
  • 髪の毛、肌のつやがなくなる
  • 抵抗力が低下する(風邪をひきやすい)
  • 氷をかじりたくなる

 

ヘモグロビンの数値がかなり低かった私ですが、貧血の症状を挙げてみて心当たりがあるのは動悸・疲れやすい・胸痛・風邪をひきやすいという4つでしょうか。かかりつけ医でも「氷食べてる?」と聞かれましたが、全くそのようなことはありません。

疲れやすかったり動悸がするのは、単に仕事年齢のせいかと思っていましたし、風邪をひきやすいのも運動不足かな?程度に思っていたので、まさか貧血とは・・・という感じです。

 

★鉄欠乏性貧血の治療ってどのようなものがあるの?

 

食事から十分な量の鉄分が摂れれば貧血の症状は改善するようです。ですが、私のように慢性的な貧血になっている場合には、内服薬として鉄剤を飲むのが一般的です。

私の場合も、毎日寝る前に飲む鉄剤(カプセル)を30日分、処方されました。不足している鉄分を補うとはいえ、薬ですから副作用が出ることもあります。鉄剤の服用による副作用としては吐き気腹痛便秘下痢などが出ることがあります。薬の処方から10日以上が経過しましたが、飲んですぐに寝ているせいか私の場合は特に副作用を感じてはいません。

逆に薬の効果が出ているのか、息切れ・動悸を感じることがなくなりました。具体的には洗濯後の洗濯物をハンガーにかけて2階に持って上がるだけでゼーゼー言っていたのが、なくなりました。笑
でも、これだけでも結構体がです。

鉄剤の内服で強い副作用が出た場合や、手術・腸炎などが理由で鉄分の吸収が十分にできないような場合には注射点滴による鉄剤の補充が行われることもあります。

内服の場合でも体に鉄分がしっかりと貯蔵されるまでは数か月必要とされているので、注射や点滴もある程度定期的に長期間治療を受ける必要があります。

鉄剤を飲み始めて10日以上が経ちましたが、近々受ける健康診断でヘモグロビンの値が少しでもマシになっていることを期待したいと思います。また、結果が出たらこちらでも報告できれば、と思います。

ちなみに、昨年のヘモグロビンの値が8.9g/dlで「貧血」と健康診断で言われたのですが、業務をする上では「問題なし」との診断で、その場で「かかりつけ医に相談してください」などとは言われなかったような気がします。

ですので、自分でもきちんと結果の数値と基準値を比較して、気になるものがあればかかりつけの医師などに相談することが大切なんだなぁ、と思いました。(貧血だけでなく、他の数値でも基準値を外れたら相談した方がいいです)

 

★まとめ

 

自覚症状がないまま、実はひどい貧血状態だったこと知った私ですが、なんとか鉄欠乏性貧血の治療を始めるに至りました。

貧血の症状としては、

  • めまい
  • 動悸
  • 息切れ
  • 疲れやすい
  • 倦怠感
  • 頭痛
  • 顔色が悪くなる
  • 胸痛
  • 2枚爪(爪が割れやすくなる)
  • 髪の毛、肌のつやがなくなる
  • 抵抗力が低下する(風邪をひきやすい)
  • 氷をかじりたくなる

などがあります。

血液検査を受けていない方でも思い当たる症状があれば、一度検査を受けてみることをおすすめします。

私のように鉄剤の服用で体が軽くなったと感じるようになり「貧血だったんだ」と自覚するようではダメですよ。笑

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

生活
2021年・新一年生のランドセル選びは今がチャンス!

2021年春に新一年生になるお子さんをお持ちのお父さん・お母さん、おじいちゃん・おばあちゃん。お子さ …

生活
もう購入しましたか?2020年おすすめのカレンダーはコレ!

前回、2020年に向けて手に入れたい手帳について紹介しました。 【参考記事】新年を新しい手帳で迎える …

双子育児
双子育児★車で外出!おすすめのチャイルドシートはどれ?

子どもが誕生して産院から自宅まで帰るのも、双子の場合は初めての大仕事になります。笑 我が家は自家用車 …