いよいよ老眼の始まり?!可愛いシニアグラスってあるの?

生活

ここ数か月の間に、職場にて「小さな文字が見えにくいなぁ」と思うことがちょくちょくありました。初めは「疲れ目」かと思っていたのですが、徐々に「もしかして、老眼の始まり?」と感じるようになりました。

そして、老眼かも?と思いながら過ごしているうちに、やはり思い当たることがちょくちょく出てきて・・・もう覚悟しなきゃいけない?って感じになっています。笑

とりあえず、自分の老眼の度合いや現在の視力などが分からないので、眼科を受診してみました。さて、老眼は確定なのでしょうか?!



★眼科での老眼の検査ってどんなもの?費用は?

 

私は普段、近視用の眼鏡を着用しています。近視の人は老眼になりにくいという説を耳にしていたので、どこかで「まだ大丈夫と言われたい」という思いを抱きながら眼科を受診しました。笑

眼科の受付で老眼かも?と思っていること、検査をしてもらいたいこと、必要であれば遠近両用メガネを作るための処方箋を出してもらいたいこと、を伝えました。

眼科では、機械による眼圧チェック・視力検査、昔ながらの視力表を使った視力検査を行いました。ここまでは過去にコンタクトレンズを処方してもらう際にも経験がありましたが・・・「老眼の検査」ということで、今までに受けたことのない検査を受けました。

それが「手元の小さな文字を読む検査」です。本のようなものを渡され、そこに書いてある何種類かの大きさで書かれた小さな文字を見えるかどうかをチェックされました。

検査の結果、私の場合はゆっくりではあるけれども老眼が始まっているとのことでした。ですが、老眼鏡を作るほどひどくはないそうです。手元の文字が見えづらいと感じたら、今使っている近視用の眼鏡を外して見るようにすれば見えるとのことでした。

老眼が進んで、眼鏡のかけはずしが面倒になるほど頻繁になったり、仕事で困る場面が増えたら老眼鏡や遠近両用の眼鏡を作るのがおすすめだとアドバイスをいただきました。

一通りの検査を終え、結局処方箋はもらわなかったので「初診料」「診察料」「検査代」を支払ったのですが、3割負担の保険適用で合計の支払い額は約2500円でした。

 

★おしゃれ&可愛い老眼鏡ってあるの?

 

老眼鏡がいよいよ必要かも?と思った時、一番気になったのは「老眼鏡をかけたら老けて見られそう」ということでした。笑

どうしてもこれまでに見てきたおばあちゃんや年配の方の印象が強く、そう思ってしまいます。今でも、可愛い老眼鏡(シニアグラス)は存在しないのでしょうか?

気になったので調べてみました。

 

◎DULTON リーディンググラス

DULTON ダルトン 『リーディンググラス YGF49』紫外線防止 UVA 非球面 レンズ

価格:1,234円
(2017/12/19 23:02時点)


ブラック/レッド・パープル・ブラック/グリーン・グリーン/イエロー・ブラウンの5色展開となっている、ダルトンのシニアグラス(老眼鏡)です。明るい色合いのフレームが、利用する人の気分も明るくしてくれそうです。

視野が狭くなりにくい非球面のレンズを採用、正面から見ても老眼鏡とはわかりにくいレンズとなっています。生活紫外線(UVA)防止加工もされているので、目に優しいのが特徴です。

 

◎PC老眼鏡

老眼鏡 ブルーライトカット PC老眼鏡 パソコン用 リーディンググラス シニアグラスウエリントン

価格:3,980円
(2017/12/19 23:13時点)


パソコンやスマホを見る時に気になる、ブルーライトカットしてくれるレンズを採用した老眼鏡です。超軽量の樹脂を使用しているため、全体的に軽く持ち運びの負担も軽くなります。

色はブラック・ブラウン/ブラック・ワイン・ネイビー・グレーの5色展開です。

 

◎クラシックフレーム 丸メガネ

老眼鏡 リーディンググラス シニアグラス クラシックフレーム 丸メガネ レトロ

価格:3,980円
(2017/12/20 19:01時点)


メタル製のフレームを採用した、クラシック感のある老眼鏡です。日本人に合わせて作られた、オリジナルのフレームを使用しています。

テンプル部分にもおしゃれなデザインが刻み込まれており、レトロ感をアップさせてくれています。アンティークブラウン・アンティークグレー・ゴールドの3色展開となっています。

 

★ネットで老眼鏡の注文・・・どうすればいい?

 

インターネットで老眼鏡を注文する際、あらかじめ眼科にて視力検査を受けて自分の「度数」を確認しておく必要があります。自分が一番見やすい度数を調べてもらい、それに合わせてオーダーすれば、失敗することもありません。

左右の度数が違ってもオーダーできるショップがありますし、度数も0.25刻みでオーダーすることができます。すでにレンズが入っている既製品も安く手に入りますが、自分の度数に合っていなければ疲れ目頭痛などの原因にもなってしまいます。きちんと、自分の視力に合った度数のレンズをオーダーするようにしましょう。

先ほども紹介したように、視力検査にかかる費用は3000円前後となっています。ぜひ一度、眼科で専門医のアドバイスを受けてみましょう。

 

★まとめ

 

初めて老眼鏡の購入を考える方に、眼科の受診について(検査内容・費用)やおしゃれな老眼鏡、ネットでオーダーする際の注意点などを紹介しました。

 

  • DULTON リーディンググラス
  • PC老眼鏡
  • クラシックフレーム 丸メガネ

 

フレームも、私が思っていた以上におしゃれ可愛いものがありました。いざとなったらおしゃれで可愛いフレームを選ぼう!と思っています。

そういえば、眼科では「今は急いで老眼鏡を作る必要はないけれども、5年後確実にいるでしょうね」と言われました。その日が来るのをドキドキして待つことになりそうです。笑

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

生活
2021年・新一年生のランドセル選びは今がチャンス!

2021年春に新一年生になるお子さんをお持ちのお父さん・お母さん、おじいちゃん・おばあちゃん。お子さ …

生活
もう購入しましたか?2020年おすすめのカレンダーはコレ!

前回、2020年に向けて手に入れたい手帳について紹介しました。 【参考記事】新年を新しい手帳で迎える …

双子育児
双子育児★車で外出!おすすめのチャイルドシートはどれ?

子どもが誕生して産院から自宅まで帰るのも、双子の場合は初めての大仕事になります。笑 我が家は自家用車 …