夏休みの「自主学習」って何をすればいいの? ~小学2年生編~

学習

子ども達が終業式に持ち帰った夏休みの宿題。宿題がまとめられた封筒には課題の一覧が貼られていました。その中にあったのが「自主学習」です。

自由研究とはで、「1学期の復習苦手なことに取り組み、2学期に向けて進んでやりましょう」と書かれていました。さて、どうしましょうか・・・?



★自主学習は復習をメインに取り組む

 

「1学期の復習」と言われても、あんまりやることってないですよね。2年生とはいえ計算は筆算が始まったばかり、国語も漢字くらいしかやることがありません。加えて、我が家の子ども達の学校では今年は春に運動会が行われたので、勉強は遅れがちです・・・涙

本屋さんに行けば「1学期の復習」と銘打ったドリルがたくさん売られていました。パラパラとめくってみましたが、うちの子ども達にできるのかしら?と不安が・・・汗

そこで考えたのが「1年生の復習」を兼ねた勉強です。

1年生で習ったはずの繰り上がり・繰り下がりのある計算でもまだ間違うことがあるし、漢字も怪しいのでこの機会に勉強できれば、と思っています。

 

◎ジャポニカ学習帳 漢字学習 1・2年生用

ショウワノート ジャポニカ学習帳 漢字学習 1・2年生用 JL-53

新品価格
¥149から
(2017/7/25 16:47時点)

ページの右上に大きく学ぶ漢字を書き、読みがな書き順・その漢字を使った言葉文章が書けるようになっているノートです。我が家では、学ぶ漢字を親が書き、子どもが辞書で調べて言葉や文章・書き順を書き込むようにしています。

 

 

ノートが埋まれば、オリジナルの漢字字典のようになるのが特徴です。1年生時の教科書があれば簡単に漢字の復習ができます。1冊で漢字60個の学習ができるので、1・2年生で習う漢字はノート4冊で完璧にマスターできます。

※ページ左下にある「先生から」の欄に押しているスタンプはこちらの記事で紹介しています。
【参考記事】夏休み☆子どもの宿題チェックに揃えたいおすすめの文具3選

 

★自主学習におすすめのドリル紹介

 

市販のドリルを使っても、1年生の漢字や計算の復習をすることができます。

 

◎うんこ漢字ドリル 小学1年生

日本一楽しい漢字ドリル うんこかん字ドリル 小学1年生

新品価格
¥1,056から
(2017/7/25 16:24時点)

テレビをはじめ、多くのメディアで紹介されて話題人気になっている漢字ドリルです。中に出てくる例文がすべて「うんこ」に関するものになっています。漢字を書き込むマスも、なんとうんこ型・・・どこまでこだわりを持っているのでしょうか。笑

その分、子ども受けがよくドリルの世界では異例の大ヒットとなっています。机に向かうのがどうにも苦手なお子さんも、このドリルなら「あと1ページ頑張る」という気になってくれるかもしれません。

 

◎プレ百ます計算

陰山メソッド徹底反復「プレ百ます計算」―百ます計算をはじめる前にとりくむ本! (教育技術MOOK 陰山メソッド)

新品価格
¥540から
(2017/7/25 16:28時点)

小学1年生向けの百ます計算ドリルもあるのですが、「1年生」の文字に抵抗を持ってしまうお子さんもいるかもしれません。そこで、こちらのドリルおすすめします。

タイトルに「プレ」と入っている通り、百ます計算を始める前のチャレンジとして「十ます計算」がメインになっているドリルです。算数が苦手だと、いきなりたくさんの問題はやる気がなくなります。こちらは、幼児・小学校低学年向けになっているので、小さな問題から取り組んで百ますに進めるように頑張ってみましょう!

 

◎学研の夏休みドリル 小学2年

小学2年 (学研の夏休みドリル)

新品価格
¥605から
(2017/7/25 16:36時点)

学校の授業が特に遅れることなく順調に進んでいるのであれば、1学期の復習ができる夏休みドリルを購入してもいいと思います。1冊算数国語の復習ができるドリルは、解答もついているので丸つけの作業も負担になりにくくなっています。

色々な会社から様々な夏休みドリルが出版されていますが、こちらのドリルは中がカラー印刷で、夏休みのカレンダーシール、2学期以降にも使うことができる漢字一覧九九の表などがついているのでお得感があります。

本屋さんにもたくさんの種類が並んでいますので、一度中身を見比べて、お子さんが楽しんで学習できそうなものを選んであげるのもいいと思います。

 

★まとめ

 

夏休みの課題の1つである「自主学習」について、どのようなことをすればいいのか・どんなものがおすすめなのかを紹介しました。

 

  • ジャポニカ学習帳 漢字練習 1・2年生用
  • うんこ漢字ドリル 小学1年生
  • プレ百ます計算
  • 学研の夏休みドリル 小学2年

 

小学2年生であれば、1年生からの復習をして勉強の基盤をしっかりとつけてあげるのがおすすめかと思います。今のうちにしっかりと基礎を固めておくことで、2学期以降に始まる九九も安心して取り組めるようになります。

夏休みの「自由研究」にも悩んでいる!という方は、こちらの記事をご覧になってみてください。

【参考記事】夏休みはもうすぐ!自由研究に何をする? ~小学1年生編~

 

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

学習
宿題がない春休み、でも勉強させたい・・・おすすめの勉強法は?

我が家の息子たちの小学校は、明日が2年生の修了式です。早いもので、小学校生活の1/3が終わってしまい …

学習
勉強が頭に入りやすい?!話題の「付箋ノート」って、何?

春に行われる、とある資格試験を受験してみようと、先日申し込みをしました。勉強のための本は購入済みで、 …

学習
子どもが漢字検定に挑戦★おすすめの勉強方法は? ~9級編~

昨年に引き続き、小学2年生の3学期早々に「漢字検定」を受検した息子たち。今回は2人そろって9級(小学 …