自家製梅ジュースの作り方 ~我が家のレシピを紹介~

レシピ

毎年5月下旬から6月上旬にかけてスーパーなどで見かける「青梅」。購入したことがありますか?私も初めは「面倒そう・・・」と敬遠していましたが、子どもが生まれてから夏の暑さを乗り切るために「梅ジュース」を作るようになりました。

梅酒ではなく「梅ジュース」です。実は我が家、旦那も私もアルコールが苦手です。しかも梅ジュースなら子どもも一緒に飲めますからね。

というわけで、今年も梅ジュースの仕込みをおこないました。いろいろなものを参考にしながら何度か作ってみて、今現在落ち着いている我が家のレシピを紹介します。



★梅ジュースを作る ~用意するもの~

 

◎果実酒用の保存ビン

果実酒びん F 角型 4.0L

新品価格
¥648から
(2018/2/14 23:14時点)

仕込みたい梅の約2.5~3倍ほどの容量のものを選びます。我が家の場合は梅1kgを仕込むので、4Lの容器を使っています。容器はガラス製のもの・プラスチック製のものがありますが、我が家はプラスチック製のものを使っています。梅を仕込んでエキスが出始めたら毎日混ぜる必要があるので、ビン自体の重さが軽いプラスチック製は重宝しています。

 

◎青梅1kg

スーパーなどで売られているものを購入しています。1kgあれば完成するジュースが1.2~1.5Lくらいにはなるでしょうか。

 

◎砂糖1kg

スプーン印 三温糖   1KG 1袋

新品価格
¥265から
(2018/2/14 23:16時点)

我が家ではスプーン印の三温糖1kgと上白糖200gの合計1.2kgで梅ジュースを仕込みます。が、一般的には梅と砂糖は1:1でいいと言われています。

白砂糖のみでも美味しくできあがりますが、三温糖を使うことでコクのある仕上がりになります。

 

◎その他

 

梅の下処理をする際に爪楊枝竹串キッチンペーパー、容器の消毒をするためにアルコール除菌ができるシートがあると便利です。

(ガラス製の容器を使う場合には熱湯消毒が可能です)

カビキラー 除菌剤 プッシュタイプ アルコール除菌 食卓用 本体 300ml

新品価格
¥348から
(2018/2/14 23:17時点)

キッチンペーパーにワンプッシュで除菌シートになります。片手でも使え、食卓での日常使いにも役立ちます。

 

★梅ジュースを作る ~手順~

 

では、梅ジュースを仕込んでいきましょう!

 

1)梅の下処理

 

青梅は購入したらなるべく早めに仕込んでしまいましょう。傷み始めるとあっという間にダメになっていきます。

梅は流水で洗いながら、ヘタの部分を爪楊枝や竹串を使ってキレイに取り除きます。プチッと飛んでいく感覚がちょっと楽しい、地味な作業です。笑

洗った梅はザルなどに移しておき、全て洗い終わったらキッチンペーパーで一つずつ丁寧に水分を取り除いていきましょう。

(お子さんのいるご家庭では、ぜひお手伝いをお願いしてください。子ども→大人の2度拭きでキレイになります!)

※この時点で、梅を1日冷凍する・フォークなどでさしてを開ける、という手順を取る方もいらっしゃいます。確かにその方が早く梅のエキスが出てくるのですが、何もしないで仕込んだ方が仕上がりがおいしい気がします。(私だけでしょうか・・・汗)

 

2)容器を消毒する

 

梅ジュースを仕込む容器を消毒します。プラスチック製のものであれば、アルコール除菌ができるシートで内側の部分・フタ裏などを拭いて乾かします。ガラス製のものであれば熱湯消毒・煮沸消毒をおこなってください。

 

3)砂糖を測る

 

我が家は三温糖1kg+白砂糖200gで仕込むため、白砂糖200gを測っておきます。

 

4)仕込み

 

梅・容器ともにしっかりと乾燥したら、いよいよ仕込みです。梅と砂糖が交互になるように容器に入れていきましょう。

(我が家ではここでも子どものお手伝いが入ります。砂糖はママ、梅は子どもが並べています)

仕込み直後の様子

 

5)毎日様子を見る

 

梅ジュースを仕込んだら、毎日様子を見るようにしましょう。3日ほどで梅の周りの砂糖がしっとりとし始めて、砂糖のかさが減ったように感じます。

仕込み4日目の様子

そこからは徐々にエキスが出てきますから、エキスが梅に浸るように容器を傾けて混ぜる必要があります。(この時、プラスチック製の容器が役立ちます)

徐々に砂糖が少なくなり、シロップの量が増えてきます

毎日混ぜて、砂糖が完全に溶けたら完成!となります。

 

6)アク抜き

 

容器の中で砂糖が完全に溶けたら容器から梅を取り出し、ザルなどにあげましょう。容器に残ったジュースを鍋にうつして火にかけ、浮いてくるアク取り除きます。

ジュースが完全に冷めたら別の容器に移し替えて、炭酸水でお好みの濃さに薄めて飲みます。(我が家では4~5倍くらいに薄めているでしょうか?・・・目分量ですが。笑)

 

★まとめ

 

夏バテを防止するためにもおすすめしたいのが「梅ジュース」です。意外と簡単に自家製の梅ジュースが作れますので、ぜひチャレンジしてみてください。

 

◎用意するもの
  • 果実酒用の保存ビン
  • 青梅1kg
  • 砂糖1kg(我が家は三温糖1kg+白砂糖200gで仕込んでいます)
  • その他(竹串または爪楊枝、キッチンペーパー、除菌用のアルコール)

 

◎梅ジュースの作り方
  • 梅の下処理をする
  • 保存ビンを消毒する
  • 仕込み
  • 毎日様子を見て混ぜる
  • ジュースが完成したらアク抜きをする

 

家族みんなで自家製梅ジュースを飲めば、元気に夏を乗り切ることができますよ!

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

レシピ
春の日焼けに要注意!日焼け後のケアに役立つ食べ物ってあるの?

以前、夏の外出時におすすめのUV対策グッズを紹介しました。 【参考記事】夏の外出時におすすめ!女性向 …

レシピ
我が家の「カンタン黒酢」を使ったレシピが増えました

以前、ミツカンの「カンタン黒酢」を使ったレシピを紹介した記事を書きました。 【参考記事】目指せ旦那の …

レシピ
食卓に花?!食用菊をおいしく食べるレシピが知りたい!

先日、お隣の方が「これ、どうぞ」と言って「食べられる菊の花」を持ってきてくださいました。手渡されたビ …